親子で学ぶこと

園児と先生

名古屋にも幼児教室が開校していますが、専門なのか、幼児可となるのかを確認しましょう。それによって兄弟姉妹、いずれかのお子さんが通えないことも無きにしもあらずです。幼児専門ならば、その大半が未就学児になりますから、上のお子さんも一緒に通わせることができません。在籍させて後々、上の子も学びたいと申し出る可能性大なら幼児向けで選んでおきましょう。入室金に関しても兄弟割引があるならまだしも、逆に追加料金が徴収されるパターンもあります。教室によって費用や対象年齢は様々ですから、自ずとルール・マナーも順応しなければなりません。また、養護教室として利用できる施設も名古屋に展開されています。ルール・マナーとしては、1人1人に合わせた指導ができる、そうした完璧を求めないことです。何より大切にすべきは、お子さんと先生の携わりより、親子の一体感だといいます。ハンディがあるお子さんにとって、心の支えになるサポートは先生にもできますが、もっとも身近な存在で安堵感をもたせることのできる人物は親です。もちろん、預かり保育の観点から学べる環境が整っている教室もありますし、そうした施設に通わせることができれば問題ありません。それでも、親子で通えることに焦点をおきましょう。施設側も、可能ならば親子で参加してほしい旨を伝えていますし、その方が親も教育の現場をウォッチングできますし、お子さんの潜在能力を引き出すことに期待できます。

どんなレッスンなのか

子どもたち

幼児教室が名古屋にも開校していますが、どんなコースがあって、どんな レッスンをしているのかといえば、継続性を考え、週1回・50分程度の基礎コースやレッスンになっています。また、1クラス10名ほどで、月齢や発達段階に応じて編成されていますが、親の都合もあるでしょうから、考慮して編成する教育も増えています。幼児向けのレッスンは、ピアノやスイミングなど、1つのジャンル(目的)に特化していないのであれば、総合レッスンになります。

プラスαの学び

園児と先生

豆知識として、幼児脳に刺激を与えるようなイメージトレーニング、感覚や瞬間的な記憶を呼び覚ますようなフラッシュカードなどに取り組む幼児教室も名古屋にはあります。就学前のお子さんなら、文字や数への取り組みが中心になるだけでなく、お受験向けのサポートを担う教室も少なくありません。年少・年中クラスならば、子どもが楽しく取り組めるだけでなく、集中できるようにリズムよく、テンポよくレッスンが展開されているようです。

広告募集中